循環器内科

循環器内科では、日本循環器学会 循環器専門医が心臓や脳、腎臓、血管、血圧に関わる病気を専門的に診断・治療・管理いたします。気になる症状がある方や健診などで異常を指摘された方は、一度ご相談ください。

循環器内科の主な症状

このような症状でお悩みの方はご相談ください

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする(脈拍が速くなる、拍動を強く感じる)
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になった時)
  • 前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 身体や足が浮腫む
  • 失神した(気を失った)
  • 健診などの心電図や胸部レントゲン検査で異常を指摘された など
循環器内科のイメージ

導入機器

ヘリカルCT

ヘリカルCT

ヘリカルCT検査は、撮影される画像が連続した切れ目のない画像で撮影することが可能で、脳梗塞や出血などの脳疾患や、肺炎や肺気腫などの肺疾患を迅速に診断できます。

超音波診断装置(エコー)

超音波診断装置(エコー)

超音波診断は、超音波を利用して組織からの反射(エコー)を映像化し、各種臓器や血管の状態を観察する検査機器です。被ばくすることがないため検査しやすく、スクリーニング検査としても用いられます。また当院では、超音波専門技師による精密検査も定期的に行っています。

12誘導・24時間心電図

12誘導・24時間心電図

標準12誘導の心電図で、マイクロコンピュータを用いて心電図を解析することができる心電図です。院内で結果を解析できるため、迅速な不整脈診断などが可能です。