内科

当院では、地域の皆様やご家族様の心に寄り添う“かかりつけ医”としてじっくりとお話を聞き、お困りの症状に対し広い視野と適切な診療を行います。

内科の主な対象疾患・症状

日常生活での風邪や咳、鼻水、喉の痛みなどのよくある症状の他、急な体調不良の場合や慢性疾患、会社や学校、市町村健診(検診)などで、何らかの「異常」や「指摘」を受けた場合もご相談ください。
特に生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症))に関しては、長く診療、研究に携わってきた経験を活かし、日本内科学会 総合内科専門医がきめ細かい診療を行います。

このような症状でお悩みの方はご相談ください

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 背中、腰の痛み
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 発疹
  • 倦怠感
  • 急な体重の増減 など
内科のイメージ

導入機器

血液検査装置

血液検査装置

微量な血液を採取・分析し、肺炎、尿路感染症、リウマチ性疾患、貧血などの検査に使用します。院内で迅速に診断することができる装置です。

レントゲン

レントゲン

X線の物体を透過する性質を利用し、身体の内部を撮影する装置です。胸部をはじめとした多目的な検査に対応することが可能です。

ヘリカルCT

ヘリカルCT

ヘリカルCT検査は、撮影される画像が連続した切れ目のない画像で撮影することが可能で、脳梗塞や出血などの脳疾患や、肺炎や肺気腫などの肺疾患を迅速に診断できます。

血液検査装置

超音波診断装置(エコー)

超音波診断は、超音波を利用して組織からの反射(エコー)を映像化し、各種臓器や血管の状態を観察する検査機器です。被ばくすることがないため検査しやすく、スクリーニング検査としても用いられます。また当院では、超音波専門技師による精密検査も定期的に行っています。

成人用予防接種

当院では、インフルエンザワクチン、および肺炎球菌ワクチンの接種を行っております。予防接種は、ワクチンを接種することによって免疫力をつけ、特定の病気に罹りにくくするのはもちろん、万が一その病気になったとしても軽微になるように行います。

インフルエンザワクチン

インフルエンザ予防接種の時期について

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は3~6ヵ月間持続します。インフルエンザは例年12月~翌3月頃に流行するため、毎年10月下旬~12月頃に接種するのがおすすめです。

費用(税込)13歳以上 3,500円
 

ワクチンが確保できなくなった時点で終了となります。

ワクチンを十分量確保するように努めますが、メーカーの生産の都合により確保ができない場合は、受付を制限する可能性があります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチン接種の時期について

肺炎球菌ワクチンは1年を通していつでも接種可能です。ただし、接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を行う場合には、5年以上の間隔を空ける必要があります。接種した部位が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛んだりすることがありますが、通常は2~3日で治まります。その他、熱っぽい、だるいなど、体調に変化が生じた際は、すぐにご相談ください。

インフルエンザワクチンとの併用接種

インフルエンザにかかった後に、肺炎を起こしてしまう場合があります。肺炎予防をさらに強めたい場合には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの接種も行うことが望ましいです。

予防接種のご予約について

予防接種のご予約について

お電話、受付窓口でご予約を承っております。 不明な点やご質問などがございましたら、「受付窓口」または「お電話」にてお問い合わせください。

お電話でのご予約・お問い合わせ0594-33-1616

ご予約の方で体調が優れない場合は、受付窓口またはお電話にてお申し出ください。